06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

今週の土曜セッション(3/30)

2013/03/31
Takeshiです。
何人かの人から、久しぶり、Long time no see! とかお声がけいただきました。
雪の季節もそろそろ終わりです。また、ぼちぼち出没しますのでよろしくです。

30日の参加者は15名くらいかな?テーマは my current job / difficulties 。
仕事や普段やっていることを英語で表現するっていうのも、なかなか難しいもの
ですね。皆さん人間関係なんかにいろいろご苦労されてるみたいで…(^^;

テーマ以外にも、GWにNYCに行かれるという方がいたので、旅の話などでも
盛り上がったり…。そこでは、英語の勉強法としての映画(DVD)鑑賞で、
日/英の字幕をどう使うかなんて話にもなりました。

個人的には、どういうニュアンスをどう表現するかといった観点で、
日本語の字幕も結構使えると思ってます。まあ、翻訳者のセンスにもよるけどね。

最後、終わってから話してたんだけど、パイレーツ・オブ・カリビアン(なぜ邦
題には the がないのかが不明ですが(笑)、それはまた、別のお話。)で、
「忘れるな。スパロウ船長を捕まえ損なった日の事を。(結構記憶は適当)」と
いった感じの字幕が当たってたセリフがあったんですが、その元の表現はという
と…。
You will always remember this as the day that you almost caught Captain
Jack Sparrow!

後で調べてみると、「ほとんど」といった肯定的なニュアンスだけで記憶しがち
な"almost" ですが、英語では否定的なニュアンス(文章)で使われることも多
いことを知りました。日本語だと「もう少しで」って感じかなあ?
I almost got hit by a car. とか。
ちなみに私の辞書だと、almost(adv.)=not quite, nearly
ではでは。
スポンサーサイト
16:39 活動日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示