とにかくしゃべる

2006.10.28 00:00|活動日記
今週のE4セッションは、自己紹介レッスンがメインとなりました。

----------------------------------------------------
金曜夜・スタバdeトーク(3名)
----------------------------------------------------

昨年この町に引っ越し、ひとり暮らしをしているbashiと
市内の病院で事務をしているsachi、それぞれの生活を
英語で説明するとしたらどうなる??

前回は日本語しかしゃべらなかった二人。
今日から、カンペキな英文じゃなくてもしゃべってみる!
自分の知っている単語をつなげて何とかしゃべってみようぜ!という
チャレンジを始めました。

「去年四日市に引っ越してきた」came・one year・yokkaichi...
「生まれてから高校まで千葉にいた」born・live・high school・chiba...
「一人暮らしをしている」I live・my.... なんて言えばいいんだ!?

E4の目的は「しゃべること」で、教室ではないので、
正解は決めなくていいんです(^-^)。
二人の思いついた単語をどうやってつなげたら意味が通じるか、
ほかにどんな単語を使えば簡単に説明できるか、
あれこれ喋りながら、話をふくらませていきました。

引っ越す=move
~まで=until
一人で=by myself

こんな言葉を知っていれば、もちろん説明しやすくなりますが、
知らなくてもしゃべることは可能です。

例えば、「高校まで千葉に住んでた」ことを伝えたいときには
この文を直接日本語にしなくてもいい。

「千葉で高校に行っていた(=千葉に住んでた)」
「千葉の高校を卒業した(=それまで千葉に住んでた)」
「大学のために茨城に引っ越した(=高校までは千葉にいた)」

みたいな表現を使っても、内容はちゃんと伝わります。
ひとつの状態をどれだけいろんな角度から話せるか
知っている言葉が少なければ少ないほど、ここが大切になります。

sachiの紹介では、「医療事務」の仕事について話しました。
医者でも看護婦でもなく、仕事の種類もいろいろとあるので、
どうやって言えばいいか分からないね、ということで・・・

「受付をしたり」「書類を作ったりするけど」「会計はやらない」
「医者と患者の橋渡しをするというか・・・中間の仕事」

うーん、英語で説明するのは・・・むつかしいですね。
けれど、医療事務、という単語を辞書でひいても

medical processor
な・・・なんじゃそら?

という単語しか出てきません。かえってイメージがしづらいです。
こういう時は、どんなにたどたどしくても
身振り手振りや、具体的な例を入れて説明する方が
相手に伝わることが多いので、自分の言葉でなんとかしちゃいましょう。

sachiがたどりついたのは「中間」を表す「between」を使うこと。
あとは「橋渡し」の代わりに「help」や「support」を使って
どうにか説明できるようになりました。

こうやって、少しずつ身の回りのことを話せるようになれば
知らない単語の1つや2つあっても負けない(笑)会話力がつきます。

通勤の途中で目の前のものを英語で説明してみる、とか
目に入ったものを片っ端から英語で発音してみるとか
最初はそんなことだけでも、とっても役立つトレーニングになります。
「勉強」と考えずに、気楽に声に出すようにするといいんですよね。

後半は「にわか発音トレーニング」になりました(^-^)。
日本人の苦手なあいまい母音と無声音の出し方や
「ボン・キュ・ボン」な抑揚のつけ方の話など、
わいわいと練習していたので、お店の人はビックリしたかも・・・
コーヒー1杯で約3時間。閉店ギリギリにお開きになりました(^-^;

----------------------------------------------------

来週の金曜は祝日で、レギュラー(笑)ふたりの都合がつかないため
次回のスタバでのセッションは翌週の水曜に振り替えることにしました。
これを読まれた方、ぜひしゃべりにいらしてくださいね(^^)v


sakura
 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
E4 communication board

member向け掲示板です。問い合わせや質問も気軽にどうぞ。

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

プロフィール

sakra

Author:sakra
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ