2016.04.09 14:18|レビュー
y wedding

そんなわけで、Yoyoyの結婚式に合わせて、改めてE4の10周年を祝うパーティをしました。お花見にドンピシャの日曜のお昼に、25名も集まって頂いて、本当にありがとう。ものすごーく久しぶりの仲間から、ホントに最近加わってくれたばかりの方まで揃って、いかにも「E4」らしい、オープンな集まりになりました。

flowers2.jpg

土曜セッションの準レギュラー、KEC(桑名イングリッシュクラブ★)の弓場さんからは大きなお花を頂き、会場を華やかにして頂きました。私がE4を始めるきっかけになったKECへの参加から、もう10年になるということですね・・・ありがとうございました!

★ KECは変わらないペースで、誰もがスキルアップできる場所であり続け、バーベキューや英語キャンプなど、メンバー以外へのオープンなイベント企画もずっと続けているサークル。すんばらしいと思います。もうすぐ15周年とのことで、おめでたいっす!!

10th party april 2

YayoyとパートナーのKazくんに加えて、3年ぶりに来日したKiyomiさんをお迎えできたのも、大きな収穫でした。英語をモノにするために単身渡米して、現地で結婚して35年。その体験を交えながら「本物の英語」で、たくさんのメンバーと交流してもらえましたね。あきらめないこと。モチベーションを保って、止まらずに練習を続けること。力強いメッセージを頂いて、改めて「ガンバロウ、そして楽しもう!」と思いました。

これまでにみなさんから集めてきた会費の数万円を、ほぼ使い切る形になったこの機会に、お礼の気持ちを込めて記念品も配りました。何にしようかさんざん迷ったのですが、テーブルを使わずに椅子だけでグループチャットをするE4スタイルには「・・・これがええんちゃう?」という結論で、膝に乗せて使えるファイルバインダーです。

10th party files

サイズは「A4」がいい、という意見を押し切って、手荷物の少ない男性陣にも気軽に持ってもらえそうな「A5」サイズ、ただしA4のプリントやメモ用紙もしっかりホールドできる、という賢いデザインのものを選びました。丈夫な表紙で、大事に使えば10年はもつ!?・・・かどうかは分かりませんが、100円ショップのバインダーとは一味違うはず。ぼちぼち、便利に使って頂けたらと思います。

10th party april
最後に記念撮影。みんないい笑顔で、ハッピーな時間でした!

flowers.jpg
そして、このお花は、去年の秋、10周年に入ってすぐに、頂いたもの。初期メンバー&古株メンバーも時間を作って遠くから訪ねてきてくれました。みなさん、ほんまに、私の宝物です。ありがとう!

これまで活動を支えてくれた皆さん、それに、日程の都合でどうしても参加できなかったみなさんにも、感謝感謝です。みなさんの力をぜーんぶ集めて、10年続けてくることができました。これからもいろんな出会いを重ねながら、できる限り長く、セッションを続けていけたらと思っていますので、協力よろしくお願いします。

2016年4月
sakra
スポンサーサイト
2009.05.28 00:00|レビュー
sambanight_s

梅雨ですな。
初心者クラスができたことに加え、チャリ&バイクチームの参加が減って、いつになく少人数の土曜セッション・・・かと思いきや、新しい方にも顔を出して頂き、それなりに活気のあるE4です。

ちょいと前に、keikoとterumiがデジカメ持って興奮気味に(でもないか)紹介してくれた名古屋のサンバレストラン。写真とレポートを作ってもらったのでアップしますね。画像はサイズの都合で小さくしてありますが、原寸の方が迫力あるので、興味のある方はこちらを見てくださいまし。以下、keikoのレポです:

**Samba Night**

This is a piece of info about Brazilian restaurant in Sakae, Nagoya.The restaurant is a buffet with various, dericious and healthy food. What you can't miss is not only food but also THE SAMBA SHOW held every 1st and 3rd friday night! First you enjoy Bossa Nova Live while you are filling your appetite. After that, Brazilian dancers in a fluffy bird like costume turn up in front of you!No doubt their dance is wonderful and brings you Samba spirit. Why don't you experience Brazil there? To get further info, please click below or feel free to ask me. I'll be more than happy to share the info with you :-D http://www.sambabrazil.jp/
Keiko

面白そうっすね。というわけで、メンバーが集まり次第、次回ツアーを組んでくれるそうです。お酒駄目な人、運転好きな人がいれば車に乗り合わせると電車より安いだろう、とのことでした。確かに。

第1第3金曜に行きたいぞー!という方は、ふたりまたは私までご連絡を。梅雨をふっとばすこの企画、実現するといいっすねー♪

sakra
2007.05.12 00:00|レビュー
遅ればせながら、
Nickのプロフィールと滞在のようすを、簡単にまとめてみます。

目まぐるしい毎日で、ちっとも日記がかけませんでしたが
それだけ充実した、幸せな経験ができたと思います。

----------------------------------------------------

about Nick:

A British boy age 19. From Stafford, England.
He stayed with us for 18 days including GW.
It's his very first stay in abroad, and he's planning
to stay 4 cities in Japan; Sendai, Okayama, Yokkaichi
and Saitama. He's expected to fly back to UK early July.

He loves playing computer games such as playstation,
Nintendo 64, DS and Wii! He's also crazy for Japanese
animation especially the works of Hayao Miyazaki.
He decided to come to Japan and its people simply
because he's curious to feel Japanese way of living,
so we just to treat him as our friend, not as our guest.

----------------------------------------------------

day 1st: Met at JR Yokkaichi sta at 4:30 pm. [Wed Apr.27]

tommy, nobu とココイチでカレー。
これが最初の食事。なんてカジュアルな(笑)。
ジャス北でソフトクリームも食べました。

----------------------------------------------------

day 2nd: Visit Suzuka with tommy [Thu Apr.28]

ikkokudoでラーメン。これまたカジュアル。
tommyの自治会の仕事を手伝って、ベルシティ
でゲームして、バッティング行ってボーリング
行って、夜は家でハンバーグ。

----------------------------------------------------

day 3rd: Walking around Isaka with Mari and Chinatsu

半日の予定で遊びましたが、朝から胃の具合が
悪かったようで、午後から爆睡(T-T)翌朝まで
病人生活となりました。あービックリした。
長旅の疲れが出たようです。

----------------------------------------------------

day 4th: E4 session with friends [Sat Apr.28]

若さってスゴイ。一晩で回復した!
朝食はシリアルのみで軽く済ます習慣のNick。
ひょろひょろ体型やし、ごちそう続きで胃も
参っていたんやね・・・徐々にペースが掴めてきました。

大所帯でのセッションについては、当日の日記をどうぞ。
夜はtommy and nobuのクッキング部隊による
手巻きずし大会でした。めっちゃ食べてた(笑)。

----------------------------------------------------

day 5th: NINJA adventure in Iga [Sun Apr.29]

現役高校生のyouki, tommy, Nobby, hijikataという
愉快なメンバーで伊賀の「忍者フェスタ」へ。
500円で衣装を借りて忍者になっちょりました。
デカイので目立つのなんのって・・・
蕎麦を食べる忍者、城壁に登る忍者など
かなりいい写真が撮れて、保護者チームも楽しめました。

----------------------------------------------------

day 6th: riding bike in Nara [Mon May.1]

saruの完璧なガイドと高級車、hidekiのプロ写真で
非常にセレブな奈良ツアーでした。
現地では流行のpark and ride で無料の自転車を借り、
汗だくになりながら市内を散策。
天理のsaika ramenも大仏も気に入ったようです。

----------------------------------------------------

day 7th: dogs, pasta lunch and the movie [Tue May.2]

ハードな観光の翌日はインドア系で。
学校の友人が愛犬を連れて遊びに来てくれました。
ランチはnobuお手製のパスタ。nanaの手作りsweetsも
あり、そのままtea partyとなりました。

夕方から英語が堪能なnobuの先輩mizueさんを加え、
映画「BABEL」連れて行ってもらいました。
が、帰って曰く「英語は25パーセントもなかった!」
そ、そうなんや!?
「分からないところは想像力で乗り切ったけど、
めっちゃむずかしかった!!」そうです(^-^;

----------------------------------------------------

day 8th: aquarium and italian village [Wed May.3]

tommy, nobuと名古屋港水族館へ。
気に入るかどうか微妙だな・・と思っていたのですが
想像以上にエンジョイしていたNick(ホッ)。
海の見える公園でnobu手製のランチを食べ、
イルカショーでは全員が必死で写真を撮りまくり
イタリア村で買い物して帰りました。

夜はsaruが合流し、ソロバン&習字教室になりました。
英語だけで集まっているときには見えなかった
レギュラー陣の隠れた才能に感心する毎日です。

----------------------------------------------------

day 9th: BBQ with funny guys [Thr May.4]

はじめてE4と離れ、別の友人チームのパーティに
出かけました。ちゅうても野外バーベキューですが。
一番の違いは、みんな酔っ払ってるということ。
英語を話せない人がほとんどでしたが、喋る喋る!
Nickいわく「こういう時間も貴重だ。勉強になる(^-^)」
身振りを交え、覚えたての日本語を聞き取るべく
全力で楽しんでいたようです。

----------------------------------------------------

これで半分!
改めて、超過密スケジュールの連休でしたね・・・

次回は後半を書きます。写真はその後で入れていきます。
おたのしみに(^-^)v

----------------------------------------------------

sakra
2006.12.05 00:00|レビュー
----------------------------------------------------
アメリカ映画「父親たちの星条旗」の感想です。

ヘボ英語と日本語で書きますので、
先入観なくこの映画を見たい方はスキップしてください。

コメントがあれば自由にどうぞ^^
----------------------------------------------------

FLAGS OF OUR FATHERS


STORY:

In the WW2, there's a battle on an island named IOJIMA.
A group of young American soldiers were in the forefront
of the battle, hanging a flag of the U.S.
Just a few of them survived and ordered to go back to
the U.S. as HEROES, without telling what they say and felt
in the field...

----------------------------------------------------

REVIEW:

Very impressive movie.
It was so tough to watch the guys firing each other,
died or badly wounded in the fight. We see how the war
arouses the animal in man. There's no heroic death.

They show us a trugh very calmly, not dramatically.
They never let you cry or laugh with their stories,
so you can think deeply about them.

----------------------------------------------------

あらすじ:
第二次大戦の硫黄島を舞台にした物語。
アメリカから送られてきた若者が、兵士としてアメリカ国旗を
掲げる場面がキーになっている。
その後「英雄」として本国へ戻された生き残りの青年たちは
現地で目の当たりにした「現実」を語ることを許されなかった。

感想:
考えさせられる佳作。戦闘シーンを見るのはしんどかったが
極限に立たされた人間(恐らく自分も)が、どうなってしまうのかを
目の当たりにすることができる。
泣かせよう、笑わせようとするシーンはなく、
事実を淡々と描いていくので、しっかり受けとめられる物語だと思う。

----------------------------------------------------

これから公開される日本映画
(正確には "日本人俳優を使ったアメリカ映画" 、なのかな)
「硫黄島からの手紙」と対をなす作品だそうです。

が、この作品だけでも私には十分見ごたえがありました。


sakura
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
E4 communication board

member向け掲示板です。問い合わせや質問も気軽にどうぞ。

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

プロフィール

sakra

Author:sakra
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ