05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

Be a good listener

2018/05/13
また写真撮り忘れたよ
5月12日、12名ぐらいだったかな。
Tessanが掲示板にコメントしてくれたこともあって、新人さんを交えて「風薫る」をどうやったら英語で表現できるか、という話で思いのほか盛り上がりました。

訳さずに、できるだけしっかりと、分かりやすく伝えるにはどうしたらいいのか。
つまりそれって、言わんとする言葉のイメージを、自分が前提としてちゃんと分かっておかなきゃいけないということです。

そもそも「薫る」って何?smellでは絶対アカンわなぁ?
みたいな話から、日本の5月って、例えば6月とはどう違うのよ? という考察まで、幅広くいろんな意見が聞けて、面白かったです。

個人的には、釣りの話が面白かったなー。
5月はまだ魚が小さすぎて、夏と同じ仕掛けでは釣れないんですって。狙う場所も、この時期はぜんぜん違う。一番むずかしい。それを工夫するのが醍醐味だそうですよ。

1.To feel the May breeze with a fragrance of fresh greens 

2. May breeze bringing the fragrance of young leaves 

3. Breeze passing through fresh leaves in May

4. Feeling lovely in the breeze of May

5. Nice, fresh breeze in May

6. We surely have something special in the air of this time of the year, you know, right between spring and summer. Everything is so fresh and green. Everyone loves walking out just to feel it.


後半は「よい聞き手とは」「よい聞き手になるには」でした。
仕事のカンファレンスやプレゼン、レッスンでは「黙って聞く」「話に集中する」が絶対条件ですが、E4のグループセッションではどうなんだろうね、という話。

・話を膨らませる、上手なコメント力
・話を横から「かっさらって」いかない程度の気配り
・話の長さと深さをはかって、必要に応じて軌道修正するテクニック

どれも「自分を俯瞰で見る力」が必要なんだなぁ、と感じました。
一生懸命英語で考えてる時に、そんな余裕あるかいな!
という気持ちももっともですが、慣れてきたら、この感覚は絶対持っていた方がいいですよね。

これを・・・ドローン力、とでも名付けましょうか。
Be a good drone!

(一応、辞書で調べておこう)

drone

【1自動】
  1. ブンブン[ブーン]という音を出す
  2. 〔つまらなそうに〕ダラダラ話す
【1他動】
    ~をダラダラと話す
【1名】
  1. 《昆虫》〔ミツバチの〕雄バチ◆特に女王蜂との生殖専門の
  2. 怠け者、ぐうたら者、ごくつぶし、横着者

あああああ、アカンやんコレ!!

他の呼び方、なんかないかな。
募集しまーす。

sakra
スポンサーサイト
08:15 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

風薫る、を英語で書けば

2018/05/05
ようやく、爽やかな季節になりんしたね。
みんなから集めている小銭をきっちり使って、7月末までの部屋予約をしてきましたよ。
このところ市民センターのサークル一覧を見たらしい方から、私の携帯に電話で問い合わせが来るのですが、長いことやっているとこれも春の特有の風物詩です。

他の英会話サークルとの違い、英会話教室との違いを尋ねられることがありますが
E4の特徴をざっくりまとめると、こういうことになると思います。

安い・自由・要気遣い

200円なので、安いです。(最安は千葉のTES、100円)
そして、英語のレベルも、話す内容も、参加頻度も問わないので、自由です。
必要なのは、仲間に対する気遣いだけです。

世話役をしてくれているコアメンバーを含め、全員が同じ参加費を払って出てきていますから、「伝わりやすいように」「聞き手の反応をみて」「感度を上げて」話すようにしてもらえたらいいな、と思います。

これができていると、コアメンバーもそれぞれ、セッションを楽しむことができます。逆に、あまりにもできていないグループがある時は、バランスを保つようにハラハラしてしまって、楽しめなかったりします。

以前の記事に書きましたが、英語の上手い下手は、ジェスチャーや辞書や短い質問を取り入れることで、なんとかなります。しんどいことがあっても、諦めずに頑張っていると、必ずなんとかなっていきます。
だから大丈夫。
「いい刺激をもらって、また頑張ろう!」という心意気を歓迎します。

例えばタイトルにある「風薫る」を英語で言いたいと思った時に
「風」は分かるけど「薫る」ってなんだ? smell? fragrance? となったとします。

教室では講師、サークルによっては英語に堪能な先輩が教えてくれます。
「英語だとこうやって言いますね」
「普通はこうだけど、簡単に言うとこうなります」
「へえ(メモメモ)」

一方、E4では、こんなことになることもあります。
「Let me check...」(一人または全員が各自で辞書をひく、スマホ含む)
「It says...」
「How about this....」
「That sounds better....(ああだこうだ言うけど、結論なし)」

各自が考えて、それをシェアして、うまく言えたり、言えなかったり、結局よく分からなかったり。でもその試行錯誤が、次の発見につながります。だから、みんなで集まることに意味がある。

一人がずーっと喋っちゃうと、この気づきがなくなってしまうので、惜しいなぁ、と思います。聞いているふりをして、つい他のことを考えちゃったりしてね。

今日は土曜ですが、セッションはお休みです。
近所の田んぼは田植え真っ盛り。行楽地はどこも混んでいるだろうな。

ぜひ、ちょこっと外に出て、英語をつぶやいてみてください。
ついでに「風薫る」をどう言えば一番伝わるかな、なんてことも。

sakra
09:19 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

英語で笑おう!(のための自主トレ)

2018/01/24
たまにはセッション報告以外の話を。

うちには時々、テニスウェアの日焼けしたイケメンが来ます。名をkantaと申します。
座敷に入ると、座布団に座って、面白い話をします。全部英語です。
20180124_084949.jpg 私はそれを聞いて、笑って、いろいろメモって、終わったらしゃべります。
全部日本語です。お茶を入れて、あーだこーだ言います。



英語で人を笑わせる「起時寄席」は、E4を始めてしばらくしてから、kantaが始めたプロジェクトです。もう何年も、地域の学校から各種施設、団体まで、手弁当で出かけて行っては、みんなを笑わせています。名古屋、東京はもちろん、海外にも、あちこち出かけて、RAKUGO(とTAMASIDARE)を披露しています。富田の市民センターで練習会をして、あさけプラザで一門の落語会をして・・・E4をきっかけに、元メンバーがアマチュア落語家として参加したり、今のメンバーが手伝ったりして、笑いの輪がぐんぐん広がってきました。

kantaのブログfacebookを見てもらうと分かりますが、京都や大阪の英語落語会にも所属していて、高速バスで勉強しに行ったり、発表会に出たりもしています。そのつながりで、たくさんのアマチュア(時にはセミプロ、プロ)英語落語家さんを四日市に呼んでくれることもあります。

仕事を引退してから落語を始めて「もう年だから」と笑うけれど、すごいなぁ、と思います。
私なんかの、重箱の隅突っつくようなコメントを、いちいち「なるほど・・・」と聞いて、録音して、メモをとって、家で練習して来るのです。そして、着実に「より面白く」なっていく。

努力は人を裏切らない、というのは、本当だと思います。

今度の日曜は、Katsuyoさんと諏訪公園交流館で落語をやるそうです。今回も、成果が出るよう祈っています。週末は寒そうだけれど、きっとみんな、笑いまくって、あったまって、最高の時間を過ごすでしょう。




Go for it! 
私も、あなたも、ガンバロウ!
09:39 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)

Jan. 13: My target this year

2018/01/15
10:05に到着したらMinekoと二人ぼっち・・・どうなることかと思いますが、そこはマイペースなチームE4。10:30を回る頃にはいつもの人数になり、3グループに分かれてのセッションになりました。スカスカに見えますが、みんなの声が反響するので、このくらい離れているのがベスト。
この日は「今年の目標(ターゲット)」というのを topic にしておいたのですが、「それって新年の抱負、ってことですよね」的な確認があちこちで聞かれました。鉄板の "resolution" にしといた方が分かりやすかったね・・・たまにはちょっとひねって、と思って変えてみたんだけど。

ま、What's your target this year? という聞き方にすると、最初に返すのが単語ひとつだけでも大丈夫になるので、話が長くなりがちな人(あたしとか)や、文でしゃべるのはハードルが高い、というメンバーには良い効果もあったような気がします。

うちのグループでは Health とか Healthy とかいう言葉が何度か出て、やっぱ健康が一番大事だよねぇ、と日本の正月明けらしいやりとりを楽しみました。資格や試験を目指す人もいますね。一年を通して強い気持ちを持ち続けるのは、本当に大変ですが、ぜひやり遂げて欲しいなと思います。

例年この時期と4月は、新しく英会話を始めよう、という方が多いです。
E4はお金かからないし、初めての方も、遠慮なく来てくださいね。

sakra
10:14 未分類 | トラックバック(0)

Jan. 6: Ayaka's back!

2018/01/08
写真撮り忘れたけど、年頭から賑やかなセッションでした。
オーストラリアの大学に通っているAyakaが帰国しているため、同じAUS帰りのEriと流暢な英語でしゃべってくれて、リスニングに集中した人もいたのでは。二人の英語は(本人たちに言わせると)アクセントが違うようですが、どっちも「本物!」で、すごいなーと感じますよね。

夜カフェから出張組や、久しぶりに顔を出してくれたメンバーもいて、盛り上がっていました。掲示板のRyantaさんのコメントが分かりやすいので、再掲します。



おずおずドアを開けたら、即、Yusei君の"Happy New Year!"が飛んできて、一気にE4気分に。やっぱりここはあったかい。

色違いのタイマーが2個もあって、20分を知らせるベルが鳴る。「おっと、圧力釜止めなくちゃ」と、お節料理の後遺症もあったりして。少人数で短時間で、というnew methodはよかったです。

高校受験のお子さんと一緒に英語を頑張る、というパパさんや、ガイド試験に向けて頑張るママとすでに合格の先輩からの助言、そしてピースボートでの世界1周体験まで聞けて、ステキなスタートでした。

おまけに,dried persimmon,chocolate,shortbreadとおいしいものを次々いただき、ごちそうさまなスタートでもありました。
みなさんありがとう!今年もよろしく。

Ryanta



終了後はナマステで「カレー初め」。のんびりした空気で、日本語も混ぜてたくさんしゃべりました。
個人的にも、モチベーションを上げるには、やっぱりE4の存在が欠かせないなぁ。

今年も、この時期に新規の問い合わせメールが増えて、ありがたい限りです。
ホント貴重な場所なので、遠慮なく、みなさんしゃべりに来てくださいね。
メールも、参加も、いつでもお待ちしています。

一緒に、楽しんでいきましょう!

sakra
08:30 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。